胃カメラ・胃内視鏡

当院の胃カメラの特徴

1.鎮静剤(麻酔)による苦痛の少ない胃カメラ

胃カメラは、体内で起こる異常を高い精度で確認できるため、さまざまな病気の予防・早期発見のために非常に有効な検査手段です。だからこそ、痛みや不快感を抑え、気軽に受けられるものでなければならないと当院は考えます。当院の胃カメラでは、鎮静剤(麻酔)を点滴し、眠ったような状態の間に胃カメラを行うことで、苦痛を最小限に抑えます。(鎮痛剤なしの胃カメラも行っております)
※鎮静剤(麻酔)使用時は、患者様ご本人の同意がある場合に限り、ご家族の立ち会いも可能です。

特に、当院は、西宮・尼崎の境目にあるクリニックなので、胃カメラ検査をお探しの方は、是非当院へご来院ください。

2.経鼻内視鏡検査

胃カメラの場合には、鼻から内視鏡を通す「経鼻内視鏡検査」も行っております。高性能の極細内視鏡の開発により、口から(経口)ではなく、鼻から(経鼻)通して正確な胃カメラが行えるようになりました。
痛みが少なく、嘔吐反射も防げます。また、医師と会話をしながら胃カメラを受けられる点も大きなメリットです。

以前、口からの胃カメラ検査で嘔吐反射を起こしてしまったり、ご不安な方は、鼻からの胃カメラ検査をおすすめします。

3.病気の早期発見・正確な診断

院長はこれまで、大阪医療センター、関西労災病院の消化器内科において、胃がん、大腸がんなどの内視鏡検査・内視鏡治療(内視鏡による腫瘍の切除等)を多数経験し、高度な技術を有しております。
また、胃がん、大腸がんは、胃カメラ、大腸カメラ(大腸内視鏡)による早期発見により、
がんのリスクを大幅に軽減出来ます。
消化器内視鏡専門医としての“厳しい目”で、小さな病変でも早期に発見します。

ご不安なことがございましたら、西宮市の大岡クリニックまでご相談下さい。

4.リラックスできる環境

患者様のご不安の軽減のため、胃カメラ前後の環境整備も大切にしております。胃カメラ検査前と胃カメラ検査後は、テレビ付きのベッドのある回復室でゆっくりと過ごしていただけます。隣のベッドとは、カーテンで仕切れるようになっております。

5.大腸カメラ検査との同時検査可能

胃カメラ検査と大腸カメラ検査を同日中に受けていただける体制を整えております。同日中に行うことで、精度が落ちたり、身体に悪影響を及ぼすようなことはございません。
また、同日で受けられることにより、胃カメラ検査、大腸カメラ検査の際に必要な、
食事や内服の制限を1度で行えます。

ご多忙な方や、何度も検査を受けたくない方は、同日の胃カメラ・大腸カメラ検査をおすすめします。

6.女性医師による内視鏡検査

男性医師に胃カメラ検査をされるのが気まずい、恥ずかしいと思われる女性も少なくありません。
女性医師による胃カメラをご希望の方は、遠慮なくお申し付けください。副院長の中村優子医師が胃カメラを実施いたします。

 

最新の内視鏡検査機器

経口内視鏡、経鼻内視鏡などにおいては、その性能が患者様の胃カメラ検査の精度、苦痛の軽減に直結しますので、最新機器を揃えております。

3つの検査方法

1.咽頭麻酔のみで経口にて(口から)スコープを挿入

  • 過去に鎮静剤(麻酔)なしで胃カメラを受けられて、それほど苦痛を感じなかった方
  • 胃カメラ検査中にカメラのモニターを見ておきたい方
  • 車、自転車などの運転でお帰りになる方

2.鼻腔麻酔のみで経鼻にて(鼻から)スコープを挿入

  • 嘔吐反射が強い方、過去に口からのスコープの挿入に苦痛を感じた方
  • 胃カメラ検査中にカメラのモニターを見ておきたい方
  • 車、自転車などの運転でお帰りになる方

3.鎮静剤(麻酔)を使用して経口、あるいは経鼻にてスコープを挿入

  • 胃カメラに不安、恐怖心がある方
  • 過去に受けた胃カメラで苦痛を感じた方

胃カメラの流れ

胃カメラ検査前日

  • 夜9時以降は一切の食事を摂らないようにしてください。

胃カメラ検査当日の朝~検査前

  • 当日は食事をせずにご来院ください。ただし、適度な水分(水のみ)の摂取は可能です。
  • 高血圧、不整脈などのお薬は飲んでいただけます。ただし、糖尿病のお薬は除きます。(事前に医師から説明があります)
  • 喫煙は控えてください。
  • 鎮静剤(麻酔)を使用する場合には、胃カメラ検査直後の車や自転車の運転はできませんので、その他の交通手段でご来院ください。

胃カメラ検査について

  • 鎮静剤(麻酔)をご希望の場合には、点滴により投与します。
  • 胃カメラ検査は、通常5~15分程度で終了します。

胃カメラ検査後

検査後

  • 鎮静剤(麻酔)を使用した場合:1時間程度回復室にてお休みになられてから、胃カメラ検査の結果説明を行います。
  • 鎮静剤(麻酔)を使用しなかった場合:胃カメラ検査終了後、胃カメラ検査の結果説明を行います。
  • 鎮静剤(麻酔)を使用した場合は、車、自転車の運転でのご帰宅はできません。その他の交通手段をご利用ください。

胃カメラの費用・料金

健康保険で3割負担の場合の概算

初・再診料 400~1,000円
胃カメラ+前処置薬 約4,000円
病理組織検査
(追加費用がかかります)
4,000~7,500円
合計 4,400~13,000円
  • 胃カメラ検査後の薬の処方、ピロリ菌検査や採血検査が必要になった場合には、追加費用・料金がかかります。
  • 1割負担の場合、上記料金の3分の1程度の費用・料金を目安としてください。
  • 経口・経鼻とも、費用・料金は同じです。
  • 鎮静剤(麻酔)を使用した場合、数百円程度の追加費用・料金がかかります。
  • 病理組織検査とは、病変組織の一部を採取し、顕微鏡下で観察する精密検査です。検体の数、検査対象となる臓器によって費用・料金が異なります。

バリウム検査に引っかかってしまった方へ

バリウム検診で「胃ポリープ」と指摘された方は、西宮市の当院までご相談ください。胃ポリープの中には、がん化するものとそうでないものがありますので、胃カメラによる検査を受けられることをお勧めします。
胃ポリープには大きく分けて、以下の3つに分類されます。

  1. 胃底腺ポリープ
    胃ポリープの中で、最も多く見られるタイプです。周囲の胃粘膜と同じ色をしています。
    ピロリ菌感染のない、きれいな胃にできるケースがよく見られます。原因はいくつか提唱されていますが、未だはっきりと解明されていません。ただし、胃底腺ポリープは、「良性のポリープ」と言われる通り、がん化しないため、経過観察処置となります。
  2. 過形成ポリープ
    胃底腺ポリープの次に多いのが、過形成ポリープです。ピロリ菌が陽性の慢性胃炎の方に生じやすい傾向があります。ポリープの赤みが特徴です。大きくなると、出血して貧血を起こしたり、数%の確率ではありますが、がん化します。一方で、ピロリ菌を除菌することで約70%のケースで縮小・消失の効果が見られます。
    ピロリ菌の除菌処置ののち、出血やがん化の可能性がある場合には、内視鏡による切除を行います。
  3. 腺腫性ポリープ
    この中では少数派ですが、前がん病変と言われ、がん化のリスクが高いポリープです。主に、ピロリ菌の感染が認められ、胃炎の症状が強く現れている方によく見られます。胃がんのリスクが高いため、より高度な設備が整った医療機関での内視鏡切除が必要になることもあります。

40歳を過ぎたら定期的に胃カメラ検査を

40歳を過ぎたら定期的に胃カメラ検査をがん化するポリープ、そうでないポリープがあるということは、たとえがん化のリスクが高いポリープであっても、胃カメラによって早期発見が可能になります。
胃がんに限らず、40代、50代と年齢を重ねるにつれ、発がんのリスクは上昇します。
西宮市の当院では、自覚症状がない場合であっても、バリウム検査等で異常を指摘されていなくても、40歳を過ぎた方には定期的な胃カメラをお勧めし、胃の病変の早期発見に努めています。

0798-41-8186初診・胃カメラ・大腸カメラ24時間仮受付
一番上に戻る