内視鏡検査について

医療法人社団 真志会 大岡クリニック

 

HOME»  内視鏡検査について

まず、一般的に『胃カメラ』や『大腸カメラ』と呼ばれている検査は正確には『上部消化管内視鏡検査』と
『大腸内視鏡検査』です。(詳細は後でご説明します)
『内視鏡検査』とは胃や大腸などの消化管の内側を“診る”検査です。
内視鏡検査は診察の一部です。症状がある時はもちろんのこと、がんを早期に発見する目的で何度も検査を受けていただく可能性があります。

 

当院の内視鏡検査の特徴

(1)苦痛の少ない内視鏡検査

内視鏡検査は診察の一部です。何度も受けるからこそ苦痛があってはいけません。
当院では手術の時に麻酔で使用される鎮静剤(眠くなるお薬)を点滴して内視鏡検査の苦痛とストレスをできる限り軽減いたします。もちろん検査の画面を見ながら検査を受けたい方には鎮静剤を使用しないで検査を受けていただけます。
上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)では経鼻内視鏡を使用して会話しながらの検査も可能です。鎮静剤使用時はご希望があれば、検査中にご家族の見学も可能です。(ご本人の同意が必要です)

 

(2)早期発見・正確な診断

内視鏡検査は診察の一部です。正確な診断が重要です。
院長は大阪医療センターと関西労災病院の消化器内科で胃癌や大腸癌などの内視鏡治療(内視鏡で行う腫瘍の切除術など)を多数経験してきました。
消化器内視鏡専門医としての“厳しい目”で消化管の中をくまなくチェックします。
大腸内視鏡検査中に、切除する必要のあるポリープは日帰り手術も可能です。
ただし、日帰り手術の適応外となる病変の場合は入院加療をお勧め致します。

 

(3)リラックスできる環境

当院では不安の軽減のために検査前後の環境にも配慮しています。
また、女性医師による検査をご希望の方は遠慮なくご相談ください。副院長が検査を担当いたします。

 

 

検査前はテレビ付のベッドがあるお部屋でくつろぎながらお待ちいただけます。
(各ベッドはカーテンで仕切られておりプライバシーにも配慮しております)

 

(3)リラックスできる環境

 

(3)リラックスできる環境

 

大腸内視鏡検査の前処置(腸管洗浄液の内服)がご不安な方は午前中に当院にお越しいただいてから前処置を開始していただけます。その後、検査着へ着替えていただき、貴重品はベッドサイドのロッカーへ。検査後も鎮静剤の効果が減弱して安全にご帰宅いただけるまで回復室でゆっくり休息していただけます。

 

 

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)について

上部消化管内視鏡検査は口または鼻からスコープを挿入し、
食道・胃・十二指腸の観察を行います。当院では上部消化管内視鏡検査は
下記の3種類の方法から選択していただけます。

 

(1)咽頭麻酔のみで口からスコープを挿入する方法

● 過去に鎮静剤を使用せずに検査を受けて辛くなかった方
● 検査中に画面を見ながら検査を受けたい方
● お車・自転車などを運転して帰りたい方

 

(2)鼻腔麻酔で鼻から細径スコープを挿入する方法

● 嘔吐反射が強くて口からのスコープ挿入が辛かった方
● 検査中に画面を見ながら検査を受けたい方
● お車・自転車などを運転して帰りたい方

 

(3)鎮静剤を使用して口または鼻からスコープを挿入する方法

● 検査に不安や恐怖感がある方
● 過去に受けた検査が辛かった方

 

※大腸内視鏡検査と同時に受けていただくことも可能です。

 

▶予約方法

(1)当院に来院して予約
(2)電話での予約
(3)『病院なび』からインターネット予約(月曜日・火曜日の午前のみ)

 

▶検査時間

月曜日と火曜日と第2・第4土曜日の午前中(9:00~11:30)
※上記でご都合が付かない方には水曜日~土曜日の午前中でも検査可能です。
 お気軽にご相談ください。

 

▶検査費用の概算(健康保険で3割負担の場合)

初再診料 400円~1,000円
胃カメラ+前処置薬 約4,000円
病理組織検査(追加で費用が必要です) 4,000円~7,500円
合計 4,400円~13,000円

 

※1.検査後にお薬を処方したり、ピロリ菌検査や採血検査を追加する場合があります。
※2.1割負担の場合は上記の料金の3分の1程度となります。
※3.経鼻カメラと経口カメラは同一金額です。
※4.鎮静剤を使用した場合、胃カメラの検査費用は若干(数百円程度)高くなります。
※5.病理組織検査とは病変の一部を採取して顕微鏡下で診断する精密検査です。
   検体の個数や検査する臓器によって診断料が異なります。

 

 

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)について

大腸内視鏡検査は肛門からスコープを挿入し、大腸全体の観察を行います。
当院では大腸内視鏡検査は下記の2種類の方法から選択していただけます。

 

(1)鎮静剤を使用しないでスコープを挿入する方法

● 過去に鎮静剤を使用せずに検査を受けて辛くなかった方
● 検査中に画面を見ながら検査を受けたい方
● お車・自転車などを運転して帰りたい方

 

(2)鎮静剤を使用してスコープを挿入する方法

● 検査に不安や恐怖感がある方
● 過去に受けた検査が辛かった方

 

※必ず、事前に外来にて医師の診察を受けていただき、検査の説明予約と下剤の処方をいたします。
 (緊急検査の場合はこの限りではありません)

 

※上部消化管内視鏡検査と同時に受けていただくことも可能です。

 

▶予約方法

(1)当院に来院して予約が基本です。
(2)電話での予約(検査日までに外来受診が必要です。)

 

▶検査時間

火曜日と金曜日の13:30~16:30
第2・第4土曜日の11:00

※上記でご都合が付かない方はお気軽にご相談ください。

 

▶検査費用の概算(健康保険で3割負担の場合)

初再診料 1,500円~2,000円
大腸カメラ+前処置薬 約5,500円
病理組織検査(追加で費用が必要です) 4,000円~11,000円
合計 7,000円~18,500円

 

大腸ポリープ切除術(日帰り手術) 20,000円~25,000円(※5をご確認ください)

 

※1.検査後にお薬を処方したり、採血検査を追加する場合があります。
※2.1割負担の場合は上記の料金の3分の1程度となります。
※3.鎮静剤を使用した場合、大腸カメラの検査費用は若干(数百円程度)高くなります。
※4.病理組織検査とは病変の一部を採取して顕微鏡下で診断する精密検査です。
   検体の個数や検査する臓器によって診断料が異なります。
※5.大腸カメラでポリープを認め、日帰り手術となった場合には手術扱いですので、
   大腸カメラの検査費用は不要となります。