大腸内視鏡検査

当院の大腸内視鏡検査の特徴

1.鎮静剤(麻酔)による苦痛の少ない大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査は、体内で起こる異常を高い精度で確認できるため、さまざまな病気の予防・早期発見のために非常に有効な検査手段です。だからこそ、痛みや不快感を抑え、気軽に受けられるものでなければならないと当院は考えます。
当院の大腸内視鏡検査では、鎮静剤(麻酔)を点滴し、眠ったような状態の間、大腸内視鏡検査を行うことで、苦痛を最小限に抑えます。(鎮痛剤なしの大腸内視鏡検査も行っております)
※鎮静剤(麻酔)使用時は、患者様ご本人の同意がある場合に限り、ご家族の立ち会いも可能です。

2.病気の早期発見・正確な診断

当院院長はこれまで、大阪医療センター、関西労災病院の消化器内科において、胃がん、大腸がんなどの内視鏡検査・内視鏡治療(内視鏡による腫瘍の切除等)を多数経験し、高度な技術を有しております。消化器内視鏡専門医としての“厳しい目”で、小さな病変を早期に発見します。
また、大腸内視鏡検査において、検査を行う側が丁寧な検査を心掛けることが非常に大事になってきます。
正確な診断のもと、出来るだけ痛みの少ない大腸内視鏡検査をお考えの方は、西宮市の当院までお越しください。

3.女性医師による大腸内視鏡検査

3.女性医師による内視鏡検査女性にとって、男性の先生に大腸内視鏡検査をされることは恥ずかしいと仰る方もいらっしゃいます。
女性医師による大腸内視鏡検査をご希望の方は、遠慮なくお申し付けください。副院長の中村優子医師が大腸内視鏡検査を実施いたします。

4.リラックスできる環境

4.リラックスできる環境患者様のご不安の軽減のため、大腸内視鏡検査前後の環境整備も大切にしております。
大腸内視鏡検査前と大腸内視鏡検査後は、テレビ付きのベッドのある回復室でゆっくりと過ごしていただけます。隣のベッドとは、カーテンで仕切れるようになっております。
大腸内視鏡検査の前処置(腸管洗浄液の内服)がご不安という方は、午前中にお越しいただいた上で、院内にて前処置を行うことも可能です。

5.胃カメラとの同時検査可能

胃カメラ検査と大腸内視鏡検査を、同日中に受けていただける体制を整えております。
同日中に受けることで、検査前日の食事や内服を一度に済ませられることや、そもそも多忙で2度もクリニックに来ることが出来ない方には大きなメリットとなります。
同日中に行うことで、胃カメラ検査と大腸内視鏡検査の精度が落ちたり、身体に悪影響を及ぼすようなことはございませんので、安心してご利用ください。

6.日帰りでの大腸ポリープ切除が可能

大腸内視鏡検査中に発見された大腸ポリープが発見されることがあります。
その場でポリープ切除を行う場合、大腸内視鏡検査の費用はかかりませんので、ご安心ください。
※ただし、状態によっては、入院された上での手術をお勧めすることもあります。

最新の内視鏡検査機器

内視鏡は、その性能が患者様の大腸内視鏡検査の精度、苦痛の軽減に直結しますので、最新機器を揃えており、安心して大腸内視鏡検査を受けていただける設備がございます。

2つの検査方法

①鎮静剤(麻酔)を使用しないでスコープを挿入

  • 過去に鎮静剤(麻酔)を使用せずに大腸内視鏡検査を受け、辛くなかった方
  • 大腸内視鏡検査中にカメラのモニターを見ておきたい方
  • 車、自転車などの運転でお帰りになる方

②鎮静剤(麻酔)を使用してスコープを挿入

  • 大腸内視鏡検査に不安や恐怖心のある方
  • 過去に大腸内視鏡検査を受けた際、辛かった方

大腸内視鏡検査の流れ

大腸内視鏡検査前日

  • 軽めの夕食を、20時までに済ませてください。その後は絶食となります。
  • 当日の大腸内視鏡検査へ影響を及ぼすため、消化の良くないものは控えてください。

大腸内視鏡検査当日の朝~検査前

  • 当日は食事をせずにご来院ください。ただし、適度な水分(水、お茶、スポーツドリンクに限る)の摂取は可能です。
  • ご自宅にて、前処置(腸内洗浄液の服用)をしていただきます。

※ご不安な方は、午前中にお越しいただいた上で、院内にて前処置を行うことも可能です。

大腸内視鏡検査

  • 鎮静剤(麻酔)をご希望の場合には、点滴により投与します。
  • 大腸内視鏡検査は、通常20~40分程度で終了します。

大腸内視鏡検査

  • 鎮静剤(麻酔)を使用した場合:1時間程度回復室にてお休みになられてから、大腸内視鏡検査結果説明を行います。
  • 鎮静剤(麻酔)を使用しなかった場合:大腸内視鏡検査終了後、検査結果説明を行います。
  • 鎮静剤(麻酔)を使用した場合、車、自転車の運転でのご帰宅はできません。その他の交通手段をご利用ください。
    電車で来院頂いた場合は、武庫川駅が一番の最寄り駅になりますので、西宮市・尼崎市からは特に来院はしやすくなります。

大腸内視鏡検査の費用

健康保険で3割負担の場合の概算

初・再診料 1,500~2,000円
大腸カメラ+前処置薬 約5,500円
病理組織検査
(追加費用がかかります)
4,000~11,000円
合計 7,000~18,500円
大腸ポリープ切除術(日帰り手術) 20,000~25,000円(下記※要確認)
  • 大腸内視鏡検査後の薬の処方、採血検査が必要になった場合には、追加費用がかかります。
  • 1割負担の場合、上記料金の3分の1程度を目安としてください。
  • 鎮静剤(麻酔)を使用した場合、数百円程度の追加料金がかかります。
  • 病理組織検査とは、病変組織の一部を採取し、顕微鏡下で観察する精密検査です。検体の数、検査対象となる臓器によって料金が異なります。

※大腸内視鏡検査でポリープを確認し、日帰り手術となった場合には「手術」扱いとなりますので、大腸内視鏡検査の費用は不要です。

便検査に引っかかってしまった方へ

検便の検査(便潜血反応)で「陽性」と指摘されてしまった方は、大腸ポリープ、大腸がんの可能性があります。また、胃・十二指腸潰瘍による出血を疑う必要もあります。
小さなポリープでしたら、大腸内視鏡検査の際に内視鏡で安全に切除することも可能です。
便検査で引っかかってしまった方は、西宮市の当院へお越しください。

40歳を過ぎたら定期的に大腸内視鏡検査を

大腸がんに限らず、40代、50代と年齢を重ねるにつれ、発がんリスクは上昇します。
当院では、自覚症状がない場合であっても、便検査で陽性と指摘された方はもちろん、40歳を過ぎた方にも定期的な大腸内視鏡検査をお勧めし、大腸の病変の早期発見に努めています。

0798-41-8186初診・胃カメラ・大腸カメラ24時間仮受付
一番上に戻る